1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2005

ぶらっと気ままに一人旅をしたりするのが好きなのでその記録などが出来れば、と思っています。


プロフィール

みりおじ

  • Author:みりおじ
  • 写真いっぱいの重たいBlogですみません・・・。
    ( More...をクリックすると写真が沢山出てきますm(_ _)m)

    Copyright(C)
        みりおじ

    不許無断使用
    不許無断複製
    不許無断転載
最近の記事+コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
Tree-CATEGORY
キーワードクラウド

FC2カウンター
カレンダー(月別)
08≪│2005/09│≫10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事(数)表示
全タイトルを表示
フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2 Blog Ranking

17

Category: 有名スポット

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

陸・海・空~陸編~
モノレールに乗り、車窓の風景を楽しみながら一路、大井競馬場前、へ
別に競馬をするため、ではなく(実は、馬券、一度も買ったことありません(^_^;))
この後、本日の第三の目的であった新幹線を撮るために大井埠頭方面へ。

# 本当は新幹線を撮りつつ、羽田に降りる飛行機も撮れれば、などと思っていたんです。

別に撮影ポイントに当てがあった訳ではなく、えいっ、ままよ、という感じで(^_^;)

それにしてもちょっと羽田に居すぎましたね。大井の車両基地に着いたときにはもうかなり暗く
なってしまいました。

高い金網にかこまれ、照明で歩道側が照らされITVで睨まれている中で、金網越しに三脚撮影
するのも何となく気が引けてしまい・・・ISOを最大まで上げてf値開放でようやく撮ったのがこれ(T_T)。
20050917_15_oi.jpg

ドッと疲れが出ました。
疲れた足を引きずりながら、天王洲アイル方面へ歩きました。結構、遠かった(T_T)。何度
バスに乗ろうと思ったことか。休憩がてら、天王洲アイルの夜景をカシャ。
20050917_16_tennozu.jpg

一昔前は、ウォーターフロントとか、いろいろと騒がれましたが、最近はどうなんでしょう。

さて、天王洲アイルからモノレール乗車。来るのを待つ間、反対側が来たので、ZUBOTTY
さんに刺激を受けていたことも手伝って間近の流し撮り。

# といっても停車のため、かなり減速していたのですが・・・
20050917_17_mono.jpg

それでも距離のとれない間近の流し撮り、難しい・・・。
これを 高速走行の新幹線で無難にこなしてしまうZUBOTTY さん さすがです。

さて、この後、大井で上手くとれなかった悔しさもあり、東京まで移動して時間の許す限り
駅撮り。こんなに"鉄分の多い写真"撮ったの10年ぶり(?>ぐらい。久しぶりです(^_^;)
20050917_18_tokyoc.jpg

20050917_19_tokyoc.jpg

20050917_20_tokyoc.jpg

20050917_21_tokyoc.jpg

露出オーバーが多いです。もっともある程度ねらってオーバーにしていますけど(^_^;)
機器カバーに覆われているとはいえ、どうしても足回りにも目が行ってしまうので(^_^;)
20050917_27_tokyoc.jpg

これは入線してくる車両を ISO 最大とし 1/80 の Tv で撮影したものです。私のレンズの制約
で、露出としては若干のアンダーですが、実際の明るさに近いのはこれでしょうか。
20050917_22_tokyoc.jpg

# 止まってからでなく、止まる前のをわざわざ撮ったのは、停車すると停車標がちょうど顔に
  かかってしまうので(^_^;)

この後、東のホームにも移動。ほとんど身じろぎしないで入線を待つ清掃の方々、凄いです。
20050917_23_tokyoe.jpg

下に在来線のホームも見え・・・、出雲をカシャ
20050917_25_tokyoe.jpg

あれっ最近ヘッドマーク無いんだ、と思ったりもしましたが、東京駅までの回送のためのEL
だったみたいですね。これも入れて、オアゾを撮ろうとしたのですが、準備している間に出て行ってしまいました(^_^;)
20050917_26_oazo.jpg

このあと終電に間に合うように撮影を切り上げました。
# 田舎の終電は早いんです(^_^;)
それにしても初電から終電まで。長い一日でした。

スポンサーサイト

テーマ : 夜景    ジャンル : 写真

17

Category: 有名スポット

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

陸・海・空~空編~
食後、ゆっくりと下までヨドバシAkibaの各フロアを散策。

今までのポイントを使っての購入はしましたが、結局、お金は"落とし"ません
でした。 今月はばんぱくに行ったりと何かと出費が嵩んだので(^_^;)
衝動買いの欲求を抑えるのには苦労しました(笑)。

さて、人の波に圧倒され疲れたので、どこかでのカフェにでも入って休もうか、とも思った
のですが、切符 をよくよく見ると、東京モノレールも乗り放題ではないですか。

セントレアで刺激を受けていたことも手伝って、急遽羽田へ。モノレール、普通に乗ると運賃、
高いですからね~(^_^;)

行くことに決めた、とはいえ、羽田、第一と第二、どちらに行けばいいのかもわからず、とりあ
えず、JALよりはANA、などと適当な判断で第二の方へ(^_^;)

結構人がいましたが、セントレアが滑走路に垂直にスカイデッキがあるのに対して、羽田は平
行なんですね。適度に人が分散されていてスペースを見つけることが出来ました。

ふむふむ、これが例の穴か(^_^;)、と思いつつ最初はこれにレンズを通して撮影・・・
20050917_07_haneda.jpg

ボーディングブリッジ(って言うんでしたっけ)、鮮烈な青のセントレアを想い出してしまい
ました。個人的にはあちらの方が好きです(笑)。
20050917_08_haneda.jpg

20050917_09_haneda.jpg

20050917_10_haneda.jpg

しかし、この穴、流し撮りとかであまりレンズが振れないし、振るにしても腰を使って振れず、
手先だけで振ることになるので、私のような初心者には難しい、ということで、金網無視して
の撮影に切り替えました(^_^;)

金網越しで撮るため、マニュアル・置きピンでの撮影でしたが、イマイチピントがシャープで
はないですね。それに柱が画面に入ってしまったり、切れたり、ブレたり、という写真を量産
してしまいました(^_^;)

ここら辺はまだ比較的良く撮れた方です。
20050917_11_haneda.jpg

20050917_12_haneda.jpg

それにしても、次から次へと飛び立つので楽しいですね。滑走路が離陸用と着陸用で分かれて
いるみたいなのでテンポ良くポンポンと。

# セントレアでは共用でしたので、あれ、何であそこで待っているの、と思ったら雲の中から光が
  見えて航空機が降りてきたり、とかしてましたから。

しかし、羽田、どこに着陸しているのでしょう。第二ビル側からでは良くわかりませんでした。

# こんなところからも私が如何に飛行機に乗っていないか、ということがバレますね(笑)。


日もだいぶ傾いて来たので、空港を後にしました。
20050917_13_haneda.jpg

空港、空間をゆったりとってあったり、洗練されていたりしてなかなかいいものですね。
20050917_14_haneda.jpg

テーマ : 航空機    ジャンル : 写真

17

Category: 有名スポット

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

陸・海・空~海(川?)編~
今日は東京へ( by 電車 )

渋滞・駐車場探し&料金・・・など考えると、どうしてもという時以外は東京へは電車、となります。
ちょっと(?)早かったのですが初電で東京へ。

お目当ては・・・ヨドバシAkiba。 ヨドバシを贔屓にしているもの(^_^;)としては、ついつい(笑)。もち
ろん、そのためだけに東京に出るというのは時間的にも交通費的にも勿体ない、ということで初電
で東京に入って夜までいて、と考えた次第。

まず向かったのは浅草。浅草寺、とか仲見世目当てではなく、水上バス目当て。前々から ヒミコ
に乗ってみたかったので良い機会だと。

混雑度がわからなかったので早く着くようにしたんです・・・が、窓口が開くのが 9:15頃、とのこと。
結構待つ羽目になりました。朝でも日差しが強かったので歩き回って写真を撮るのは断念しました。
松屋(フーズ、の方です)で腹ごしらえ後、おとなしく窓口近くで新聞をよんでました(^_^;)

# しかし、やはり浅草。朝も早くから外人さんの姿もちらほら。ヒミコへの乗船の一番乗りも外人
  さんでした。

いよいよ乗船。船内はベンチシートがずらっと並んでいるのかと思いきや、こ洒落た感じ。デザイン
はさすが松本零士氏がしただけのことはあります。宇宙船みたいな雰囲気も。また内装の白も汚れ
ておらず綺麗に維持されていてとても良いですね。
20050917_01_himiko.jpg

# 完全密閉なので、こんな天気の良い日に風に吹かれながらの船旅、なんてのが味わえない
  のが残念ですが、まぁ、欲を言えばきりがないですね。
隅田川の色々なデザインの橋をいくつもくぐり・・・景色を眺めているとあっという間の船旅でした。

もちろん昼の橋もいいですが、murasaki4649さんの綺麗にライトアップされた橋たちの写真 を拝見
していると、夜にも乗ってみたいとつくづく思いました(定期では無いみたいで残念!)。

そうそう、途中、築地市場も見えたので、ついつい見入ってしまいました(笑)。
20050917_02_tsukiji.jpg

ほんと、あっという間の船旅も終了。お台場着です。
20050917_03_himiko.jpg

当初は切符だけ買って夕方の便で、とも考えていたのですが、まだ時間が早いせいか、乗客も少なく
快適な旅でした。お台場とかの店って大体11時からなんですよね。

本当は日の出桟橋まで行ってJRに乗って秋葉へ、とも考えたのですが、あまりの天気の良さに、
  それでは勿体ない!
ということで急遽予定変更。レインボーブリッジを歩いて渡ることにしました。
車では何度も、国道、首都高ともに。ゆりかもめでも何度か渡っている私ですが、歩きは初めて、です。
北側と南側、どちら側の通路を通るかちょっと迷いましたが、あまりの日差しの強さに、北側に決定。
  そう、日陰になるんです(^_^;)
さすがに暑い日差しの中、カメラや三脚担いで歩くのはキツイので(^_^;)

20050917_04_rainbow.jpg

20050917_05_shiodome.jpg

20050917_06_rainbow.jpg

レインボーブリッジの渡った感想。
  結構、あっという間に渡れちゃう
    (綺麗な景色を眺めながらだから、とも言えます)
  遠くで見ると綺麗だが中は汚い
    (これだけ交通量があれば仕方ないですね。これでも石原知事のおかげで黒煙もうもうの
     トラックが殆ど走っていないので良くはなったのでしょうけれど)

この後、素直にゆりかもめに乗れば良かったのですが、そんなに遠くないだろう、と歩いて田町まで
行ってしまいました。おかげで結構、汗書いてしまいました(苦笑)

この後、ヨドバシカメラに移動。
(あとは文章がグダグタと続きますので興味のある方だけどうぞ)

Continue

テーマ : 街の写真    ジャンル : 写真

10

Category: 夜景

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ばんぱくの建物-夜景4-
ヨルダン館、上手く撮れなかったので露光を変えて撮りたかったのですが・・・
前のおばちゃん達、動く気配がなく、断念しました。

# 歩いて通り過ぎる人は長時間露光ではあまり影響を受けないのですが、
  殆ど動かないと当然×です。
200509102111_jordan.jpg

ギリシャ館
200509102114_greece.jpg

大地の塔、綺麗でしたが上まで入れて綺麗に、は無理でした。ここも入ってみたかったなぁ。
200509102126_daichi.jpg

マレーシア館
200509102130_malaysia.jpg

オーストラリア館、ライブをやっていました。
200509102135_australia.jpg

電力館
200509102140_denryoku.jpg

ここも前回は人がいない写真も撮れたのですが、今回は・・・残念です。
でも、人の姿が影絵みたいでこれはこれで面白い!
200509102141_jr.jpg

それにしても、当日は夢中になってシャッターを切っていましたが・・・
ただ単にアップで撮っただけじゃないですか・・・工夫も何もありません。

# 木を見て森を見ず、とはまさにこのこと。

まぁ、今までは夜景では自分の気に入った色がでなかったのが、少しそれに近づいただけでも
良しとしなければいけないのかもしれませんが・・・精進が必要ですね。



このようなつまらない写真を最後まで見てくださった方のために一つ情報を。

会期も残りわずかですがこれからいらっしゃる方へ。

帰りの混雑を注意する放送が頻繁に流されていましたが、これほどとは、というのが正直な感想です。
会場を出てからリニモに乗るまで50分かかりました。
(切符が無ければ、先にその列に並ばなければならないので要注意、です。)
疲れているところでこの待ち時間は結構堪えます。

かなり待つことをあらかじめ覚悟していれば少しは気持ちも穏やかかになるかと(笑)。

後ろの予定もたっぷりとっておくことをお勧めします。特に終電など時間が決まっているものは要注意
ですよ。

テーマ : 建物の写真    ジャンル : 写真

10

Category: 夜景

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ばんぱくの建物-夜景3-
会場は22時までですが、20時を過ぎると閉まってしまう外国館も増えてきて・・・。
そのため、人も開いているパビリオンに移動して写真撮影には好都合(^_^;)

それでも人は多く・・・

エジプト館。こちらもまだ並んでますね。前回来たときにほぼ同一時刻に写真を撮ったものが
ありました。比較すると・・・ほとんどこの周辺に人がいません。空いていたんですね。四月は。
200509102028_egypt.jpg

オランダ館。当たり前と言えば当たり前ですが、日本になじみのある国で夜もやっているパビリオン
にはこうして列が出来ていました。
200509102038_holland.jpg

ヨーロッパ系のパビリオンが集中している一角。ほとんど閉まっていました。ここら辺は前回来たときに
だいたいチェック済みです(笑)
200509102042_portugal.jpg

ルーマニア館
200509102044_romania.jpg

アイルランド館
200509102047_ireland.jpg

スイス館
200509102049_suiss.jpg

イギリス館
200509102052_uk.jpg

ウクライナ館
200509102055_ukraine.jpg

ポーランド館
200509102057_porska.jpg

ほんと、こういう趣向を凝らした建物の夜景を短時間に楽しめる、というだけでもわざわざ来た甲斐
がありました。

テーマ : 建物の写真    ジャンル : 写真

10

Category: 夜景

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ばんぱくの建物-夜景2-
このあと海外のパビリオンの方へ移動。
こちらはサウジなど中東関係のパビリオン。
200509101922_saudi.jpg

200509101946_iran.jpg

200509101947_kat.jpg

インドも外壁に味があって良いですね。
200509101925_india.jpg

海外パビリオンでも、行列が出来ているところが。ブーム、凄いですね(笑)。
200509101939_kankoku.jpg

一部にとても明るい部分があって上手く撮れませんでした・・・。

この隣の中国館。前回来たときには無かった(?)仮設テントが邪魔で撮れませんでした。残念!
そういえば、こことアメリカ館のところには警察官がいました。

# 中国は感情悪化のしこり、アメリカの方はテロ警戒、なのでしょう。

ちょっと木が邪魔ですが、ライティングが綺麗なメキシコ館
200509102000_mexco.jpg

ここ、池に映えていてとても綺麗でした。
ブログに載せている写真はかなり縮小しているので、その過程で少しちょっと雰囲気が
損なわれてしまっている気がします。

# もちろん、私の腕がつたないこともありますが(^_^;)

昼間入れなかったNEDO館前を通り、
200509102017_nedo.jpg

振り返ると観覧車も、通路も綺麗でした。
200509102023_walk.jpg

全体的にぱんぱく会場、光の使い方が上手いような気がします。
まぁ、最近出来る話題のスポットは軒並みそうですね。嬉しい限りです。

テーマ : 建物の写真    ジャンル : 写真

10

Category: 夜景

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ばんぱくの建物-夜景1-
さすがにたこ焼きぐらいではお腹が空いてしまい、まずは軽く腹ごしらえをしていよいよ撮影開始。
長久手会場をほぼ一周の予定で、企業パビリオンがあるところから、スタート。

まずはガスパビリオン。
200509101858_gas.jpg

夢見る山
200509101902_yume.jpg

写真は殆どは f16,バルブ撮影。ISOは100でPLフィルター付
(というかつけっぱなし(^_^;))です。

私の日頃のレベルから考えると、全体的に結構綺麗に撮れて良かったです。
自画自賛(^_^;)

もっとも、すべてが一発ではなく、時間を変えて撮ってみたりしてます。
これは日立館の例。それにしても同じ被写体でも表情を変えます。改めて、写真って奥が深い・・・
と思いました。
200509101904_tandh.jpg

200509101905_tandh.jpg

200509101906_tandh.jpg

日立館、結局入ることは出来ませんでしたが、外観のデザインはお気に入りの一つです。やはり
滝が流れているのはいいですね。
200509101910_hitachi.jpg

こんなビルが街中にあったら楽しいだろうな、と思ってしまいます。容積効率は悪いですけど(^_^;)

それにしてもこの時間でも人はまだまだいっぱいです。
200509101913_mandt.jpg

200509101915_toyota.jpg

テーマ : 建物の写真    ジャンル : 写真

10

Category: 観光地

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ぱんぱく(昼~日没)
藤が丘からリニモに乗車。

どうせメインの目的は夜景、ということで、ゆっくり昼でも食べてから、とも考えたのですが、
入場規制もあり得る、と係の人が叫んでいたので、一刻も早く入るべく、急いでリニモに乗り
ました。

何とか会場に入ると、人・人・人・・・・

# 凄い。前回訪れた4月とは雲泥の差、です。万博協会のHPに日別の入場者数が示され
   ているページ
がありますが、帰ってからそれを見たら、4倍の人出だったようです。天候
   にもよりますが、終幕を迎えてさらにヒートアップしそうな予感もします。

人が多くて暑苦しい上に、雲がかなりありましたが、とても蒸し暑く・・・汗を沢山流れてきて。

# すぐに入れるところに避難(^_^;)

ロボットステーション、中も人でごった返していました。子供向けのイベントをやっていて小さ
な子供が沢山でした(笑)。
200509101317_robot.jpg

ロボットも子供たちに人気でひっきりなしに・・・個人的にはロボットだけの写真を撮りたかっ
たのですが仕方ありません。
200509101306_robot.jpg

この後、今回は事前予約も無いし、どこへ行っても人・人・人・・・なので前回とは違った
ところにも目が行きました(^_^;)道端に綺麗な花が咲いているところにも目が行きましたし。
200509101330_banpaku.jpg

この後、行きたかったパビリオンの一つ、NEDOのパビリオンにも行きましたが、200
分待ちだったので断念。向かいにあるエジプトのパビリオンも外に列が。ほんと、人だ
らけ、です。
200509101342_egypt.jpg

暑い中、歩き回ったので、何か食べてビールでも飲みたいな、と探すも、これまた
人、人、人。

# そう、前述のように車で来ていましたが、飲んでから8時間あければ大丈夫、と
  昔JAFの情報誌で見ていたので、会場を出て、駐車場のところにたどり着くまで
  を考えると逆算すれば15時ぐらいまでなら大丈夫(^_^)v との判断からです。

仕方なく、たこ焼きのテイクアウトを20分ぐらい(?)並んで買って、空きスペースで
食べてビールも飲みました。

食べている最中にちょっとポツポツと来たので、諏訪の花火も想い出され嫌な気分に
なりましたが、すぐに持ち直し、助かりました。

しかし、雨宿りに逃げ込んだのが通路脇の支柱のところ。人通りも多かったのですが、
周りにも同様の人が沢山いて、恥も半減(^_^;)。残りを平らげることが出来ました(^_^;)
睡眠不足で飲んだのでかなり酔いが回り、2時間ほど、その場所で時間つぶしをして
しまいました。

酔いもさることながら、強行軍の疲れもドッと出て、ウトウトともしてしまいました(^_^;)
まだ明るいし、どこへ行っても人だらけ、というのもありました。

そういえば、IMTSも乗るのに60分待ちだったようです。係の人が、

  「歩いた方が早いです!」

と連呼してましたし(笑)。こちらは休んでいる(?)IMTS
200509101333_imts.jpg


夕方になっても人は殆ど減らず・・・こちらはすぐに入れたニュージーランド館
200509101834_newsee.jpg

綺麗なニュージーランドの景色の紹介ビデオと、世界最大級の翡翠の原石があり
ました。ニュージーランド、綺麗ですね。そういえば、映画、ロード・○プ・ザ・
○ングのロケ地ってここでしたっけ。機会があれば行ってみたいものです。

いよいよ日も暮れてきました。

テーマ : 一人旅    ジャンル : 旅行

10

Category: 有名スポット

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

まずはセントレア
会社の人に

  行かなくなったので良ければ

ということでばんぱくのチケットを譲って頂きました。
直前だったので事前予約も何も出来ないのですが、一人旅の気ままさ。急遽、行くことに決定。

とはいえ、4月に行ったときに最低限見たいパビリオンはほぼ回ったので、夜景写真の撮影が
主目的。会期が終了したら一部は残ったり移築されるものもあるとしても、ほとんどすべてのパ
ビリオンは壊されてしまう・・・。壊すには惜しいデザインのものも記憶に残っていましたし。

よって夜がメイン、ということで午前中はセントレアへ行くことに。名古屋まで行くからには、夜だ
けでは勿体ない(笑)。話題になっていたし、最近訪れている、murasaki4649さん や ZUBOTTYさん
のBlogに感化されて飛行機にも少し興味が出てきまして(^_^;)

# お二人のBlog、リンクを貼らせても頂いています。すばらしいBlogですので、何かの縁で私の
  Blogを見てくださった方、是非一度どうぞ。

今回の旅行、交通手段は、飛行機ではなく、電車でもなく、車で行きました、
  ・金曜まで仕事で、土曜の朝早く名古屋に着くのは電車や飛行機では無理。また、ばんぱく、
   最後までいると電車や飛行機では帰れないので泊まるしかない。泊まるところ、楽天トラベル
   などで調べましたが、なかなかこれは、というものが残っていなかった。
ためです。

深夜山梨発(睡眠時間 約1.5時間ぐらいしか取れませんでした(^_^;))。
深夜発としたのは、

  ・ETCの深夜割を利用するため。
  ・航空機の離発着は朝晩が多いようなので朝までに着きたい
  ・入れる予定の駐車場も早い時間に着いた方が確実に入れられるだろう

ということから。それもわざわざ東名で行きました。行きも帰りも中央道だとつまらないから(爆)、と
最高速度が100[km/h](中央道は80[km/h])なので、とかく眠くなりがちな高速道路の運転時間が短
くて済む、ということで(^_^;)。

走行中に見た交通情報では、ばんぱくの駐車場に近いインター付近、渋滞してました!

そういえば上郷SAもこの時間でこんなに車? というぐらい沢山の車がいましたし(観光バスも沢山!)。
ばんぱく会場、今日はもの凄いことになりそうな予感(^_^;)

それを尻目に私は目的の駐車場へ。朝、7:00過ぎには駐車場着。余裕で入れられました。そう、駐車
場はばんぱくの駐車場ではなく、ネットで調べておいた地下鉄東山線沿線の某商業施設の駐車場に
したんです。セントレアにいくにもばんぱくに行くにもちょうど良いぐらい(帰りを考えてばんぱく寄り、で
はありますが)で、かつ駐車場料金も上限が決まっているので安心して預けられる、ということで。

前置きがかなり長くなりましたが、一路セントレアへ。色々経路はありますが、名鉄のミュースカイ
利用。揺れも少なく、快適でした。わずかな旅路でしたが、爆睡。本当は景色を楽しみたかったんです
けど(^_^;)。

まずは、スカイデッキへ。本当は夕景、夜景が綺麗みたいなんですが・・・ばんぱくと二兎は追えま
せん(^_^;)

200509100851_cent.jpg

天候は生憎の曇りながら、国際線も乗り入れている、ということもあり、彩り豊かですね。

先端に歩いていく途中にカシャ! 出航前の点検でしょうか。PLフィルターつけていますが、中ははっ
きりと見えませんでした。
200509100852_cent.jpg

飛行機なんて、日頃利用しないのでこのような光景も新鮮だったりします。
200509100855_cent.jpg

先端に行くと、結構いました。カメラを構えている方が。中には600mmクラスの望遠レンズを構えている
方までいて、圧倒されてしまいました。

私も何枚か撮りましたが・・・流し撮りは全くだめでした。

左が開いているのに全体が入りきっていないし、手前の金柵が目立ってしまったり・・・
200509100925_cent.jpg

小さい上に(まぁ、これは私のレンズではこれが精一杯なので仕方ありませんが)、端に電柱が入り込ん
でしまっている・・・。
200509101029_cent.jpg

他にも失敗多数(^_^;)

暑くもなって来たし人も多くなってきたので中も散策。

瓦葺き(風)のスターバックス、ちょっと違和感ありますね。海外からの方にはいいのかもしれませんが・・・
200509101040_cent.jpg


全体的には綺麗でなかなか良かったですね。
200509101041_cent.jpg

200509101043_cent.jpg


そうそう、TOYOTAのF1マシンも展示されていました。
200509100941_f1.jpg

200509100943_f1.jpg

機能美というか曲線美というか、魅了されました。

こんなセントレアを後にして、一路ばんぱく会場へ。

交通手段は高速バス、としました。藤が丘までのバス。ばんぱく客が一杯で乗れるかな、などとの心配は杞憂でした。これで大丈夫? というぐらい。おかげでゆったりと乗っていけましたけど。
もちろん、爆睡です(笑)

テーマ : 一人旅    ジャンル : 旅行

03

Category: 観光地

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

新作花火競技大会 in 諏訪 《写真なし》
諏訪の花火、一度はみたいと思っていました。

が、お盆にあった花火大会のときは、富士登山疲れでダウンして気力が無かったので、
新作花火競技大会にターゲットを!

# 私にとっては今年最初の花火大会です。

まず悩んだのが、交通手段。

車だと、

  ・駐車場が大丈夫か
  ・ものすごい大渋滞に巻き込まれる

のではないか、とか気になります。私の比較的良く行く大会(といってもこれまで行った
回数は、片手で足りるぐらいですが(^_^;))では、終わった後の渋滞、いつ動くんだろう、
というぐらい動かないですからね。

電車だと、

  ・運賃が高い!
  ・私の場合、余裕を見ると花火競技会の途中で引き上げないと帰り着けない

ということで

  どこか周辺の駐車場に入れて最後は電車で会場入り

できないか、と塩尻とかに良い駐車場がないかとネットで調べたのですが、適当なものが
検索で引っかかりません。

駐車場のある安いホテルにでも泊まろうか、と思ったのですが、これまたネットでもめぼし
いものがありませんでした。

# まぁ、前日の深夜ですからね(苦笑)

かなり長時間、ネットを徘徊した末に、ようやく行き方を決めました。

竜王駅の直近の駐車場に入れて電車で行く、というもの。会場直近である上諏訪駅まで、
片道1,110-ですが、私の自宅から行くよりは断然安いし、万一遅くなっても甲府までなら
遅い時間まで列車がある、ということで決定。


車で直接上諏訪まで行く場合、朝早く現地入りしないと駐車場が無くなるかな、と思ってい
たのですが電車で行くなら遅くてもいいや、ということで一旦甲府まで戻って映画を観ちゃ
いました。

 「容○者 ○井慎次

# ひとたび出かけるとなると、あれもこれもと欲張りになってしまう私です(^_^;)。

このシリーズ、観るのは、レインボー、交渉人、に続いて3作目ですが、テンポとかの点では
このシリーズらしからぬところはありますね。興味深く拝見はしましたが・・・一言でいうと・・・
(難しい)。少なくとも、田中○奈は良かった(^_^;)


話がそれました。いよいよ会場へ。甲府14:44発の長野行きに乗車。それにしても遠い
ですね、普通列車だと。約90分かかって到着。

どこか撮影ができるところは無いかと探しましたが、なにぶん初めてなのでどこら辺で打ち
上がるかも明確にはわからず、また痛めた足もまだ完治していないので歩き回る元気もな
く・・・有料自由席券を買ってしまいました。それにしてもまだ売れ残っているとは思わなかっ
たですね。もっとも私が購入して数分後には完売を知らせる放送が流されていましたが。

とりあえず通路脇に一人分の小さなスペースを見つけて座って花火の開始を待つことに。

  約2時間!

# 万博とかテーマパークで何時間も並ぶ気はおきないのですが、写真を撮るために待つ
  ことには慣れました。富士山頂で3~4時間待つのに比べれば楽なものです。

夕日に染まる雲や行き交う人々を眺めて時間を潰していたところ、18時過ぎだったでしょうか、
雨が!

だんだん激しくなり、激しい雷雨! 確かに予報ではところにより雷雨、とか言っていたのを
思い出しました。
まぁ夕立なら少し我慢すればやむのではないか、と思って傘をさして待っていました。

  雨天決行

としきりに流れるアナウンスを信じて。

雨、少し弱くなった時もありました。もの凄い降り。傘を差していても濡れてしまうような激しさ。
そんな中、花火大会が始まりました。

# 雷鳴と稲妻、花火のコラボレーション、という感じです。

雷、個人的には怖くは無かったですが、周囲には怖がっている人も結構いました。真上で
鳴っているようにも聞こえましたので。

雨の中で観る花火もなかなかおつなものでした。

  雨の中でも影響されずに綺麗に見えるものだなぁ。

と変な感動を覚えつつも、スケールの大きい花火に、雨ながらも楽しむことが出来ました。

とはいえ、
 ・雨のためカメラは出せず撮影できない。
 ・重い機材を抱えて小さな傘の中に収まっているのが辛くなってきた
 ・大雨になったら中央線が止まるかもしれない
  (中央線、ちょっとした大雨がふるとすぐに「運転見合わせ」になるので)
ということで、1/3ぐらいが終わったところで駅へ。

駅は帰る人でごった返していました。臨時列車も通常の終了時間頃に沢山設定されているので、
甲府の方まで行く列車はあまりなかったこともあり、ホームはごった返していました。列車も何故
か遅れており、駅で30分以上待つ羽目になりました。

# まぁ、駅からも高く上がる花火は見えましたので良かったですけど。

"消化不良"の私は帰りは御坂峠を越えて吉田に寄り道して帰りました。


で、最後に恒例の、ガソリンの値段(レギュラー)

  甲府 128~132
  吉田 123

何か前回入れたときより下がっていますね。これだけ元売り各社の値上げとかが叫ばれている中、不思議です。

吉田で満タンにして帰り着いた頃には疲れ果てていました。

長い一日でした。


テーマ : 一人旅    ジャンル : 旅行